読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「私+あなた」=「アルコール依存症」

2017年1月6日 お酒に卒業宣言!の私+はてしないアルコール依存中の夫

アルコール依存症のトリセツ

アルコール

アルコール依存症の取扱説明書…わたし編 1

 

放っておいて、と言っても

独りにしないで欲しかった。

独りで抱えきれない問題に向き合えずに

忘れる・逃げるために飲み続けた。

食事を取っているかも

気遣ってほしかった。

お姉さんが痩せたのに気付かない義兄さんを責めていたけど

私が過食と拒食を繰り返していること

気付きもしなかったね。

何度も何度も

心療内科に通いもしたけど、

偏見だらけのあなたには言えなかった。

 

仕事を終え帰宅するとまず、飲む。

食事の支度はもちろん、飲みながら。

食事中も飲む。

翌日のお弁当の準備も飲みながら。

料理した記憶がない事なんてよくあった。

家事が済むと、ビデオを見ながら飲む。

もう、記憶がないから何度も何度も同じビデオを繰り返す。

 

更年期障害がひどく

不眠が始まり、睡眠薬を処方された。

「お酒とは一緒に飲まないでください!」と

最初のひと月くらいは、帰宅後にダッシュでビールを飲み

お酒が切れるころに薬を飲んで眠った。

自分がアルコール依存だと気付きもしなかった。

だんだんと飲む時間がずれ込み

最後はビールで睡眠薬を飲んでいた。

そんな飲み方をしたら、「依存性はありません」なんて有り得ない。

薬を飲まずに眠ると、明け方には、悪夢(まるで離脱症状

身体から虫がわき出してみたり

緑色の血が流れてみたり

それが恐ろしくて、薬も辞められなくなっていった。

 

ポチに参加させていただいております。

   ↓ ↓

にほんブログ村