「私+あなた」=「アルコール依存症」

2017年1月6日 お酒に卒業宣言!の私+はてしないアルコール依存中の夫

私が息子に共依存なのかも・・・距離をおきます!宣言。

帰宅した息子はまっすぐ部屋にこもり
院長も締め出されました。
あんなに片時も離れず助けてくれた院長を部屋が出来てからは、締め出してばかり。
おかげで、院長は私のストーカーになって困りものです。
脱衣場の出入り口が引き戸なのですが
お風呂に入っていても
戸を開けて私の存在を確認している様です
お風呂の戸を開けるとビックリです。

だって、開けられても閉めることは知りませんから。
最近は、開いてる事を前提にバスタオルを風呂場に持ち込んでみたり
ん~。院長とのふたり暮らしじゃないから止めて!!って言っても解らないよね。

さてさて、息子が部屋から出てきましたが
アイフォンの充電器を忘れた~と。
時間は9時を回っているので電気店は閉店してます。
少し離れたダイソーはまだ営業中です。
車のカギを貸しました。
昨日までなら、夜の路面凍結が不安で運転手をしてやっていましたが
今日からは、もう過保護はしません。
お風呂に入ったし・・・頼まれてもいないし・・・
そうです。頼んでも来ないのですから・・・
ほっときます。

さてさて
充電用のアダプターを手に入れ帰宅した息子は
ポツリ、ポツリと。
バイクのイベントへ出かけていただけで
勝手に勘違いしないでくれ!と。
まぁ、彼女の件絡みで気持ちが色々と動いているのは現実でしょうに。

でも
別れ話で逢いに行ったのではなくて良かった
私が彼女なら、嬉しい反面怖くて・・・
無理無理です。

私の25歳は、幼なじみの彼と3年目の付き合いだった。
彼のお父さんがお母さんのお友達と浮気をして
お母さんが家を出て離婚した
それから、彼もお母さんを追って別の町へ転居
その後、お父さんがダンプの運転中に脳梗塞で倒れ大事故
ほぼ寝たきりの状態に。
お母さんは、お父さんをちゃんと看ていたけれど
自宅で暮らせる状況ではなく、施設を何か所か移っていた
そしてそんな遠距離で少しずつ何もかもが離れ始めた頃
私が消費者金融に転職。
そこで目にしたのは、彼の謝金の踏み倒し。
転居先不明+仕事も退職
5年越しの恋が終り、夫との付き合いが始まったのが27歳。
その幼なじみの彼は、私も含め、友人達からもお金を借りたまま
しばらく姿を消してしまった。

お金の問題は、大きい。
生涯を伴に生きようとするなら尚の事。
でも、人は変われる。
人と出会う事で良くも悪くも変わる。
だから、息子もこれからがこれからどう生きるかが大切なんだ。

 

ポチに参加させていただいております。

  ↓ ↓

にほんブログ村

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ
にほんブログ村