読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「私+あなた」=「アルコール依存症」

2017年1月6日 お酒に卒業宣言!の私+はてしないアルコール依存中の夫

精神科医の選び方・・・医者と患者も相性が有るって訳か。

医者と患者の相性なんて
深く考えることもなく過ごしてきた
行ってみて嫌な思いをしたら
次は行かない!
ただ、それだけだった。

そうか・・・
引越して遠くなったのに通おうと思う
M子先生は私が好きだから。
そして、あそこの病院は
スタッフさん皆が安心できて
とても心地良い病院だから

もちろん内視鏡カメラの腕も凄腕です。

振り返って
人生二度目の心療内科は最悪だった
実家近くの医院の紹介で
紹介状を持って行ったのに
「あんたの話は、何が言いたいのか
  わからない・・・」
そんな、言葉を言われた気がする
それで、その後は通院もしなかった

近いところでは
そこそこ評判のリウマチ専門病院
あちこち痛くて心配でかかったのに。
「あなたみたいな人をコンビニ受診と言うんだ
  医療費の無駄遣いだ
  持病があるなら、担当医を通して受診してください」
そんな感じの事を言われた。

持病が有ったら
他の病院にはかかれない?
そんな事はないでしょう・・・

医者がいつでもだれに対しても
こんな風なら患者は居なくなる
きっと、私が嫌いだった方々だったんだ
今更、少し納得

という事で
息子を通わせている病院は
私が受診した経験があり
悪くはないと思っていたので
受診させた

ところが
息子ははっきりと嫌われている
もちろん息子も嫌っている
相性が最悪な様子

きのうの受診は
サボらせた・・・
お薬だけ私がとりに行った。
そこで、またまた不信感
最近どうですか?のひと言すらない!
何も聞かず薬だけ処方された。

そう
前回も様子はおかしかった
予約制の病院なのに
帰りに「予約はされていかれますか?」
え-ぇ…予約しないで薬が切れてからどうする?

病院探し
そして息子の説得
嫌な話をまた最初から
繰り返さなければならない苦痛

でも、まだまだ
薬なしで生活できるほど
回復してないよ。

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ

娘の体調不良は・・・息子の影響・・・精神的なものではなさそうです。

先日の健康診断時に診つけていただいた
甲状腺の腫れが気になるので
今日の退社後
病院へ寄ってきたそうです。

haru-natu-aki-fuyu.hatenadiary.jp

エコーにてしっかり数センチの腫瘍?が
確認され
血液検査も受けてきたそうです
時間が遅く、穿刺検査は
土曜日になるそうです。

悪いものではないと思いたい。
私もあれこれと
考えますが
娘はきっと
もっともっと不安で不安で
心細いでしょうね…

私も甲状腺に腫瘍を持ってます
男性の「のど仏」のように
コロコロとしたものです

乳がん検診が再検査になり行った
専門病院で見つけていただき
胸と甲状腺腫瘍の穿刺も受けました

どちらも良性で経過観察
10年経ちますが
大きくもならず、悪さもせずに過ごしています

だから大丈夫!!!

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ

回復の兆し?頑張って食べてます。運動・・・それはまだ無理でしょう!

最近の息子
相変わらず、睡眠時間は15時間以上
起きてる時間が4~5時間の時期もあったので
比べると回復してるかなぁ…

地元の友達から誘いの電話が来ていた
「無理。無理。ひきこもりしてる…」

その後
ボソボソと夜の会話
友達とは会いたくない

会いたくないのは
隠したいことがある
言いたくないことがある

そうね
今の抜け殻みたいな自分
見せたくないよね


一昨日の事
回復の兆しか
体力つけなきゃ…と思ったらしい
起きてるのもやっと
ビーグル院長との散歩も
体調の良い日だけ
そんなほぼほぼ寝たきり青年

なんと
布団の上で
腕立て伏せと腹筋をしたと言う

近所に買い物に出かけ
戻ったら
布団の上で放心状態
「どうした・・・?」と聞くと
「腹筋が5回しか出来ない・・・」
「なに、運動してみてたの?」
「うん、腕立ては50回出来た」
「あぁ・・・明日大変だよ!
  先ずは、座る・立つ・歩く!」
「腕立ては100回出来てたのに・・・」

今日

案の定
帰宅すると、不調そうに寝たままの息子
「調子悪い?」と聞くと
「腹筋が痛くて、動けない」
「あぁ・・・やっぱり。これから腕周りも痛くなるよ」
「・・・」

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ

ブログのチカラ・・・ブログに支えられ助けられ救われ・・・ありがとうございます。

辛い時
ホッとした時
悲しい時
うれしい時

ブログがここにある

今はまだ
楽しい事は少ないけれど
今日は少し前向きな気持ちでいられる

子供達…
産まれてきてくれて
ありがとう
こんな母だけど
今までもこれからも
精一杯
誠意いっぱい
やっていくよ。

皆が自分の足で立ち
ちゃんと生きていける様になるの
見届けないとね。

止まない雨はないですね。
明けない夜もないですね。

息子と末娘は仲直り出来ました。

いつか息子と長女も語り合えるように
なれると思えます。

 

手のひらのガングリオン
育ち始めてます
また、病院へ行かないと。

 

息子の心の病院も
やはり転院を考えます
火曜日…もう一度だけ
お薬を頂くために行こうとは思います。

 

宿題は
まだまだ、次々にやってきます。

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ

全ての始まりは…この海のある港町から

私が生まれ育った北海道の港町
観光地でもない
工場のある港町

この海で恋をして
この海で涙を流して
この海で育った

実家へ独りで帰ると
必ずここへ来る
ちょっぴり苦い大人の初恋を思い出す

f:id:haru-natu-aki-fuyu:20170520225427j:plain

夫と出会ったのもこの町
結婚をして長女が生まれ
長男が生まれ
狭いアパートで暮らしたのが懐かしい
転勤で函館へ移るまで
30年暮らした町

転勤で移り住んだ函館から
私達の人生のくるいが始まった

きれいな大きめのマンションを借りられた
夫は自分の部屋をもった

思いがけず、第三子の妊娠が判明
息子がまだ生まれて三カ月だった

夫の両親に猛反対をされた
生むことをあきらめるように言われ
双方の親同士の喧嘩にまで発展した

切迫早産
原因は不明だったけれど
それまでの妊娠が切迫早産
絶対安静にて過ごさなければならなかった
ふたりの子供を残し入院生活は難しい
反対されるには理由もあった

結果として
私の両親が全面的に助けるから
子供は産むと良いと言ってくれ
堕胎は避けられた

でも
私達夫婦の関係は崩れた
連日飲み歩く夫
酔いつぶれると迎えに走る日々
息子は6か月を過ぎた頃から
激しい夜泣きをはじめた
そして
とうとう7か月を迎えたお腹は
切迫早産の始まりをむかえる

実家の近くの病院へ
無理やりの転院
夫は子供達の顔を見るという名目で
毎週末、函館から車を走らせた

本当は
赴任前の勤務先の従業員と不倫をしていて
逢うのに好都合だっただけ

末娘に愛情を持たないのも
そんなこんな訳が有っての事

どうにかこうにか
五体満足な末娘を出産
長男は10か月だった

その後も長男の夜泣きは治まることなく
2歳半まで続いた

出産を終えて
函館での生活に戻ったものの
様子がおかしい
毎週、毎週
キャンプだ釣りだと家を空ける

もちろん夫婦の会話もおかしい
これは、女性だな と
感づくのが妻なら当たり前

しらを切る夫
「頭がおかしい!精神病院で診てもらえ!!」 

haru-natu-aki-fuyu.hatenadiary.jp

離婚覚悟で興信所を使った
結果はもちろん黒

そこでも
夫の両親に責められたのは私だった
男が浮気をするのは女が悪いと。

夫は離婚はしない
長女の名を出し
父親のいない子にはしたくないと
長女を溺愛していた

それなのに
彼女とも別れられないと…
彼女は彼女で
別れるなら死ぬと…

酔った夫を車に乗せ
死ぬと言いだした彼女の所へ
夜中に車を走らせた日もあった
北海道の道を車で4時間
壮絶すぎる

その後
函館から関東への転勤
夫はひとり自由になりたかったはずだが
家族でやり直せたならと付いて行った

物理的な距離が
彼女と夫を離してくれると思いたかった
でも
心は簡単には離れられなかった

離婚したい
しない
出ていくなら上の二人は置いて出ていけ
慰謝料も養育費も一切払う気はない

今のように
もっと離婚について
情報があったなら
当然の権利としての養育費・慰謝料
そして離婚出来ていたなら
皆がこんな風に
不完全にならずに済んだのかもしれない

私は夫の前で無力だった
言いたいことなど言える訳もなく
したい事が出来る訳もなく

実家に帰る道の途中に
彼女の住んでいたアパートがあった
24年たっても
その道を通ると胸がざわつく

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ

家庭内の波乱波瀾・・・反乱のその後。

事の発端は
借金の整理の件で
話し合いの最中に
息子が泣き始めたことだった

息子はうつの症状もあり
悲観的になり
突然今までも泣き始めてはいたのだけれど

それを見ていた娘が
困っている私を思って
「泣き落とし」という言葉を発してしまった事から
息子が
「泣き落としなんてしようと思ってない
 何も自分の事をわかってくれてない
 もう、一緒にいるのは嫌だ!」
それから
無言・無関心・関わりあわない
が始まってしまった。

この狭い空間で
たった3人の家族で
それはそれは居心地の悪い毎日で

小さな誤解や
小さなわだかまりは
大きくなる前に解決する

それが正しいかは別として…

娘と私は
先週のうちに話をして
お互いに胸の内を吐きだし
息子の事で
私達二人の関係がおかしくなるのは
有ってはいけないこと

協力して乗り越えていこう

 その後、息子が
「もう、ここから出ていく
 父さんの所へ行く」
と言いだしたものの
現実的に妥当な話であれば
最初から、自宅に戻った(戻した)訳で

「妹ちゃんは迷惑とか邪魔だなんて思ってないし
嫌ってもいない。
父さんには父さんの事情があるから
今は一緒に生活するのは難しいよ。」

と、朝の出掛けだった事もあり
言葉少なで終わらせてしまった私もいけなかった

食事もまともに摂らなくなり
ますます
塞ぎ込みはじめた。

今日は
食事の後
少し話をしよう」と声をかけた
娘は面倒そうに、今日?今??」
息子は「嫌だ…」

 この狭い空間の中で
 こんな風に関わらない様に生活してることが
 どうしても嫌で
 仲良く暮らしたい
 少しずつ、誤解したり
 気遣い過ぎて、こんな風になっているだけで
 誰も憎んだり、嫌ったり
 してない事
 ちゃんと伝えないと

そんなこんなでボソボソと
娘・息子の会話が始まり
さすが兄妹
きっと
もう大丈夫

私が
「父さんの所で暮らすのは難しい」と
言った事で

妹には嫌われ邪魔者扱いされている
なのに
父親の所でも暮らせないなら
自分は死んだ方が良いと
そこまで、思い詰めてしまっていたと言う

夫はもうじき
リストラで職を失う
まして
アル症が始まり
他人の面倒が見られる状態ではない

そう感じて決めつけてしまっているのは
私で
息子が父親を頼りにしたなら
もしかしたら
変わってくれるのかもしれない

けれど
それは余りにも危険すぎる選択

明日から
おはよう。
おかえり。
いつもの家族に戻れます
きっときっと

笑いが絶えない家庭には
まだまだ
遠くてなれないけれど
せめて穏やかな家庭
ここでは
誰も傷つけあわない暮らしが出来るはず

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ

小児癌の子供達へ…ウイッグ(カツラ)の寄付の予定・・・

今日も白髪染めの為に美容室
こちらでお世話になるのは、3度目
今の長さはロングを超え
スーパーロングのストレートです
後ろ姿が若作りでごめんなさい

何故、長いかと…話になり
ヘアドネーションの為!と話し所
20代と40代のスタッフさん
ご存知ではありませんでした。

 

3年前の9月16日
アルコール問題に気付いた記念日
40㎝ほど髪をバッサリ切りました

その直後に
深夜のNHKのドキュメンタリーで
ヘアドネーションの存在を知り
もうロングはお終いと思っていましたが
人生最後のロングに再挑戦中です

その後
柴咲コウさん
水野美紀さん
近いところではベッキーさんも
ドネーションしています

 

最後と言って

また伸ばすかもしれませんが。

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ