「私+あなた」=「アルコール依存症」

2017年1月6日 お酒に卒業宣言!の私+はてしないアルコール依存中の夫

断酒女子の輪が広がる

リアルな世界では、断酒仲間は居ません
2年以上先にノンアル生活を始めた上司
断酒ブログを教えてくれた
のみすけ さん達が
上司の先達だった


まさか…夫のアル症の心配をしていて
自分がアル症だと気付くとは
まさか…❓想定外だった。

そのくせ…私は大丈夫
適正飲酒が出来る…なんて
たまに思う自分が恐ろしい

我慢調整は出来た。
職場の飲み会はビールオンリーと決め
飲み過ぎしない
けど…帰宅後
仕切り直し〜飲み直しをしてた。
ズルい依存症
バレない様に〜
上手く隠してきたつもり。

友達や気心知れた店で飲むと
調子に乗って
ガンガン飲んで
地下鉄~途中下車して
トイレで潰れてみたり
帰宅後もトイレでだけど
上から下から あふれさせ
服も髪もべちゃぐちゃ

子供達はもちろん知ってる
飲みすぎて吐いてる母の姿


ブログの中で
断酒仲間の輪が広がり
心が強くなっていく気がする
そして自分は…
たとえ軽度だとしても
アルコール依存症だったのだと
再認識をする
飲み始めてしまうと
止まらなくなるあの飲酒生活
戻ってはいけない生活だと
心に言い聞かせる

自分はまだ大丈夫!と思っているそこのあなた
気になってるってことは
家族か自分のアルコールに違和感があるのね?

病院へ行かなくても
断酒会やAAに行かなくても
ブログで断酒が出来てる方がたくさんいますよ

若い方々…今なら
家族との楽しい思い出が増やせますよ
お酒を辞めるのに早すぎはないと思います
そしてアラフィフ・アラ還の
私と同年代の方々
もう、充分お酒は飲みましたよね
季節限定のさわやかな缶には心が躍りますが
コソコソしたり
ソワソワしたり
心が乱れない断酒生活
想像以上に快適ですよ☆♫ ٩( ´ᆺ`)۶♫ ★

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ
にほんブログ村

akiさんちにネタが無くなる日

akiさんち…
ほんとっにネタが尽きません。
そんなアルコール有リ(あり)(あり)
ブログですが
書く事で皆さまのチカラを頂き
救われているのはもちろんですが
何かが起きた時に
今までより客観的にみられると言うか
あくまでも、今までよりですが〜
ここでネタにする事で
なんで自分だけ…
なんで…せっかくここまで来て…みたいに
凹むあとの回復が早くなった気がする

ここ数日
ビーグル院長の椎間板ヘルニア
よろしくありません
いつも飛び乗る
ソファーの上の息子の布団山
高さ1メートル程
登れません
布団無しのソファーもこわごわです
アパートの階段は抱っこですが
散歩中の歩きはじぃちゃん歩きです

院長もホッとして
気が緩んだのでしょうか
早く回復してほしいと願ってます

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ
にほんブログ村

職場のお話を聞いてください ٩(๑`ȏ´๑)۶

現在の職場は
かれこれ12年になる
最初は
月間120時間程度のお気楽なパート
そこから、夫のリストラで
保険を付けてもらって
準社員~そして正社員
仕事内容は・・・
実にバラエティに富み
言い尽くせない感じです

嫌なことが
これまた、言い尽くせないくらい
今日も
ひとりでイライラしちゃった
まず、ほとんどの従業員のモラルが低い
接客用語も雑だし
(これは、言いかえれば気さく)
  だから、まぁ良しとする

朝、出勤する
玄関が脱ぎっぱなしの
靴・スリッパでぐちゃぐちゃ
だ~れも揃えない
いい大人が何人も何人もいて
信じられない
朝は…だから靴・スリッパ揃えから始まる
私生活ではちゃんとしていそうな人たちもいるのに
ここは、どうでも良いって
どうせ---ってしない
それが信じられない

フロアー内は
経営者やら、上席の人間も居るのに
床は週替わりの掃除当番が
掃除機を1回かけるのみ
だから
クリップ・ホッチキス
カッターで切った紙の端切れが
散らばっている
シュレッダーの辺りは
更にカットされた紙が静電気で舞い
散乱してる感じ

空いてるデスクの上は
要らないものが山に積まれ
営業の社員達は
これまた、仕事をするデスクか?と
目を疑うようなゴミの山

電話の受話器は
手垢・耳垢で薄汚れ
自分のデスクの受話器以外
通りすがりの内線も出たくない位

大きな段ボールのゴミ箱が
キッチン近くに置いているけど
掃除当番の時でさえ
捨てに行かない従業員が多くて
そのごみを捨てるのは
私と職場で一番若いママさんパートの
たったふたりだけ

キッチンで手も洗うのだけど
置いてる固形石鹸の
石鹸箱
だ~れも溜まった水を捨てない
だから
私が捨てるときは
いつもドロドロ

数年前までは
お局様が居て
とっても綺麗好きで
床にモップをかけてくれたり
台所を磨いたりしてくれてた

今じゃ
はこぼれたコーヒーやらドリンクで
あちこちベタベタだったり
ポタポタ跡だらけ
私が2カ月に1回の掃除当番で
モップ掛けをしたところで追いつく訳もない

営業時間
勤務時間が8時~17時なのだけど
17時直前の電話は誰も出たがらない
終いには
なにかミスがあれば
帰り際でバタバタしてたから~

繁忙期と閑散期の
落差が激しい部署も有るのだけれど
暇となると
経営者・上席者が居なくなると
ず~~~~っとおしゃべり
くだらない話で大盛り上がり

おしゃべりしなくても
デスクの上はからっぽで
ぼーっつとしてる人がほとんど
他の部署で忙しそうにしていても
手伝いますか?なんてナイナイ

出勤して
黙っていても時給がもらえると
休憩時間を取りたがらないパートさんもいる

コトナカレ主義って言うの?

それなりに
円満そうに会話するけど
居なくなると陰口

まわりから上品そうだとか
あたりが柔らかくて感じが良いと
言われてる7歳上のお姉さまが社員だった頃
お腹の中の黒いものを見たり聞いたり
たくさんしてしまってた…
上司の席に有った始末書
(勤務時間にタバコを吸った従業員の物だった)
コピーを取ってみたり
小型シュレッダーで残骸が残っていた
上司の給料明細を繋ぎ合わせたり
とか
さっきの
帰り際でバタバタしてたから~も
お姉さま

ある日
居眠りしてるのを起こした
その日から
私を怖がり避けるようになった
そして
どんなにどんなに
話しかけても会話が無くなっていった

当時
席が真向いで
辛くって辞めようと思った
周りは
私がお姉さまをいじめたと思っている

無視をするって
一番のイジメだと思う

今は…
仕事してお金を頂くためと
割り切った
だから
周りの同僚からどう思われるかに
心を乱さない様に
自分の仕事に邁進することにした

すごくすごく
他人より抜きんでる様な事は
何もないけど
パソコンが
そこそこ使えて
コールセンター勤務やら
飲食店勤務やら
オールマイティで便利に使えるので
仕事はいつも途絶えずにあり
話し相手が社内に居なくても困らない

ん~
言ってみて
ちょっとは辛い

いいえ結構辛い
皆とそこそこそつなく付き合えれば
その方が良いに決まってる

本社の一部の従業員が
こんなんなんで
(私より古い従業員が多い)
ちょっと腐りかけている

携帯電話

勤務時間中は
机の中と決まっているのに
ポケットに忍ばせて
トイレに頻繁にこもるパートちゃん
ツイッターとか してる様子
10年前くらいは
職場のPCから
ミクシーチャットしてた

保育園からの電話も
勤務先に直接来るはずが
・・・???
ちょくちょく子供が熱を出したと帰る社員
ホントか嘘かわからない

あと
B型が圧倒的多い
日本人はA>O>Bなはずが
B型率が5割弱です

平凡ではない気がします
   あの…B型の皆様 すみませ~ん

 

全社的にそうかと言うと
決してそんなことはなく
一生懸命頑張ってる人も多いし
そんなに
ダメダメな会社ではないけれど

このフロアーは腐ってる

そんな職場にいる自分も
腐ってる?って
たまに嫌になる

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ
にほんブログ村

札幌 ←---→ 函館 移動時間のはなし

先日のメールでの離婚話

そんなことが有ったので
気の重い移動時間だったけど

まぁまぁ
穏やかめに
息子の話を中心に
これまでの5カ月の出来事を
話すことになった

聞いてやらなきゃ と
思ったのか
それとも
本当に興味があったのかは
定かではない

相づち以外に
かなり否定的な
「わっかんねぇ~なぁ~」
口癖がはさまる

まぁ そんな人だから

お金の話と
お酒の話は
NGワードなので
話題にしなかった

ただただ疲れた、1日だった。

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ
にほんブログ村

自分で自分を病的に病気を心配し過ぎだと思う。

病気不安症…
みたいなところが私にはある
どこかが不調だと気になって
気になって、きっと病気なんだと思い込む
子供の頃からそうだった訳ではなく

最初は
就職したての19歳
胃が痛くて痛くて
お酒を飲むとまた余計に痛くて
病院へ行った
十二指腸潰瘍だった
何個かあって
半年くらいで
何度か胃カメラを繰り返した

次は
過労と風邪の後
めまいで立てなくなった
入院・検査
メニエールではないか…と

虫垂炎かと
思ったら、実は憩室もあったり
絶飲食を経験

妊娠中は
切迫流産やら切迫早産
絶対安静を3人分経験した

急性膵炎の時は
胃潰瘍かと思っていた
膵臓なんて臓器が
何処にあるかさえ知らなかった
絶飲食の検査入院2週間

血便からの
大腸ポリープだったり

吐血からの
食道ポリープだったり

ここ数年では
単なる高血圧かと思ったら
ホルモンがらみの難病だった

そして今
忘れていた
甲状腺腫瘍の存在を…
小さくて良性で
経過観察だったのを
いつから経過観察も忘れていたか???
気付けば
難病の診療科は
糖尿病・内分泌内科
あらら 甲状腺の専門医ではありませんか---

という事で
本日、甲状腺の方で
またまた病院にかかりました。
血液検査~来週はエコーで-す。

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ
にほんブログ村

ただいま我家…ただいま札幌

片道4時間…
手術待ち時間4時間…
帰り4時間…
精神的負担は4ヶ月分…
疲れた😫

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ
にほんブログ村

私の父・・・今もバリバリ我儘で元気で・・・母はいまだ振り回されています

父は85歳になる
まだ現役で車の運転をし
軽キャンパーでもある
つい最近も兄夫婦と
2泊3日の車旅をしてきたらしい

我儘で頑固
子供の頃は
よく ちゃぶ台返しが リアルであった
食器や味噌汁が飛び散る
よくではなかったのかもしれないけれど
記憶に随分とある

工場勤めで
3交代勤務だった父
夜勤の時は昼間が睡眠時間
小さな社宅住まいの時は
息をひそめて過ごした

山登りが趣味で
夏には長期休暇を取り
どこか遠くへ行っていたらしい
母・兄・私の3人で
その夏休みは
母方の親類の家へ遊びに行っていた
とても田舎で
外にトイレがある家だった
もちろんお風呂もなく
近所のお風呂を
いただきます と言って
借りた記憶がある

仕事には熱心ではなかったらしく
ずっと平社員だと給料が安いと
母がいつもこぼしていた

随分昔なので
58歳くらいで定年を迎え
それから職には就いていない

ボケるのでは?と心配してたが
それが
趣味が忙しく生き生きと過ごし
とても社交的になっていった
近所の話題も母より詳しいと
昔は母が外で立ち話をしても
とても不機嫌だったのに…

これ夫とも近いものがある
夫は自分の帰宅時に
私が実家の母と電話をしていても
いつまで話せば気が済むんだ?!と
不機嫌になる
お風呂に入っていた時も
なんで俺の帰る時間に
風呂に入るんだ?と
怒鳴られた事もあった
毎日帰宅時間がバラバラで
たまに早かっただけな記憶がある

そんな父は
兄には相当厳しかった

今なら虐待のレベルで
暴力もあった

でも
私には甘かった気がする

嫁ぐ日も
「いつでも、帰ってこい」と
送り出してくれた。

子供二人が入院して付き添い中
タバコが売ってなくて困った時
自分の小遣いで
私の喫ってたタバコを買ってきてくれた
旅先のお土産に
可愛い髪飾りを選んでくれた

頑固でかみなり親父の父だったけど
孫には優しく面白く接してくれた

母には横暴な時もある父だけれど

私は父に愛されていた実感があった

それがまた

母のヒステリーの種だったりもしたけれど。

 

ポチに参加させていただいております。

    ↓ ↓

にほんブログ村 

ブログランキング 禁酒・断酒ブログ
にほんブログ村